モテる男の恋愛メールテクニック!心をつかむメールで好きな女性を落としましょう。

最適なメールの長さ

 

仲の良い友達には一行で返したり、そこまで仲良くなかったり
気になっている女性には長いメールを送ったりしていています。

 

男の送信メールボックスを覗けば、だいたいそんな感じでしょう?

 

で、実際に好きな女性や気になる女性に送るメールは
短いほうがいいのか?長いほうがいいのか?と言われれば、
ひとくくりには言えませんが
「長めのほうがいい」ということになります。

 

やっぱり、どうしても短文のメールだと感情が入っていなかったり
そんな短いメールだと返信に困ることにもなります。

 

返信が無くなってしまっては
そのままフェイドアウトしてしまうかもしれませんしね。

 

長いほうがいいといって、長すぎるのもよくありません。
長いと読むのに疲れてしまいますし、
何度もスクロールしなきゃいけないほど長いメールが届くと
ちょっと気持ち悪さだって覚えてしまうかもしれません。

 

それに、メールの中に様々な内容が入っていると
それに関しての返事が大変なことになってしまいますので
返信にも困るでしょう。

 

特に、気を使うタイプの女性でしたら、
その長さ相応の返事を出さないといけないという義務感から、
楽しいメールどころかあなたとメールすることが疲れるとさえ感じさせてしまうかもしれません。

 

携帯メールの場合は、「1メールに1つの内容を適度な長さで」が大事だと思います。

 

また、長いほうがいいと言いましたが、必ずしもそういうわけではありません。
メールスタイルは人それぞれです。

 

たとえば、1つのメールに色々な感情や状況を詳しく書いてメールする人もいれば
何度も短いメールを往復させてやり取りを好む人だっています。

 

なので、相手の女性が後者の場合はわざわざ長くせずに
相手のスタイルに合わせて、短いながらもリアルの会話のような
楽しいメールが出来るように心がけましょう。

 

それに、私個人としてはメールは長さ(言葉の多さ)よりも、
やり取りした回数のほうが恋愛においては重要だと思います。


最強のメール術


2007年の発売より今でも売れ続け、アップデートを繰り返し
1000ページ以上となったメール術マニュアルの決定版!



このページの先頭へ戻る