デートに誘うメール術!心をつかむメールで好きな女性を落としましょう。

女友達やリアルで知り合った女性をデートに誘うメールテクニック

 

あなたが恋した気になっている女友達をメールでデートに誘う時の
テクニックをお教えしたいと思います。

 

まず、いきなりデートに誘っても誘っても
びっくりして良い返事をもらえない場合があります。
そうなってしまうと、2度めの誘いというのが非常にやりづらくなってしまうので
確実にデートへつなげる方法をお教えしたいと思います。

 

出会い系などでしたら、リアルで会う=デートですので
目的がはっきりしているぶん、タイミングさえ逃さなければ
デートに誘うこと自体そこまで難しい訳ではありませんが、

 

リアルでの女友達や、合コンや友人の知り合い出会った女性を
いきなりデートに誘うのも考えものですよね。

 

デートに誘いやすくするための布石

 

まずはデートに誘う前にメールでもいいので、
ある程度時間をかけ仲を深めていく必要があります。

 

そこで、女性の趣味や好きなものなど、女性のこともわかってきますし
さまざまな情報を収集しデートプランの組立にも役立てるようにしましょう。

 

そのなかから、彼女が興味の有りそうなデート場所を選定します。

 

 

 

デートに誘うためのメール術の例文

 

だいたい彼女の趣味などがわかってきて、デート場所の目星もつけたところで
実際にデートへ誘う段階になって来ました。

しかし、まだ焦ってはいけませんポイントはゆっくりと段階的に誘うことです。

 

まずは、さりげなくそのデート場所の話題を出します。

「新しく駅前にできたパスタ屋ってもう行った?パスタ好きの○さんなら行ったことあるかなって♪」

そこで、

「まだ行ったこと無いよ」

と、メールが返ってくることを祈ります。

 

そして

「カルボナーラが美味しいみたいだから、今度行ってみなよ☆」

とメールを送ります。
まだまだ、ここでも「今度行こうよ!」という直接的な誘いは出しません。
ちなみにここで、
公式ホームページなどからとってきた料理の写真など添付しておくとよりいいですね。

 

「うん、今度行ってみるね☆」

 

という感じで返信が帰ってくるかもしれません。
そして、この部分で女性のほうもなんとなくデートの誘いが来るだろうと予測させたところで
あえてその予測を裏切ります。

 

そこで、

「カルボナーラの写真見てたら凄い食べたくなってきた!いつ仕事休み?」

ここで、やっと誘いのメールを送ります。

 

このように、デートの布石になるような話をしだして
段階的にゆっくりと誘うようにしましょう。

 

 

 


最強のメール術


2007年の発売より今でも売れ続け、アップデートを繰り返し
1000ページ以上となったメール術マニュアルの決定版!



このページの先頭へ戻る