モテる男の恋愛メールテクニック!デートの誘いを断られた時のメール術

デートの誘いを断られた時のメール術

 

1度メールでデートに誘って断られた時って
2回目のデートに非常に誘いづらくなりますよね?(汗)

 

それどころか、断られた瞬間にいきなりメールを通して
気まずい空気を感じてしまう人や、これからどういうメールを送ればいいか
わからなくなってしまう人もいるのが現実です。

 

たとえば、
「○月○日は空いている?」とデートの日時の質問をしますよね、
「その日はちょっと仕事で空いていないんだ〜・・・」
と、お断りの返信をされてしまいます。

 

すると「それじゃぁ△月△日は?」と代替の日程も提案して
しつこく誘ってしまいがちになります。
やっぱり、せっかく勇気を出して誘ったのに断られてしまったことですし
今を逃すと誘いづらくなるというのはなんとなく分かっていることですからね。

 

でも、こういう代替を用意してしつこく誘うのは最大でも1回までにしてください。

 

それ以上誘うと、しつこい、ウザイなどの
マイナスの感情を女性に持たせてしまいます。

それでは、デートが出来ないどころか嫌われたりもしてしまいます。

 

 

メールは基本的には連絡手段です。
しかし、片思いの好きな女性に送るメールはただの連絡手段だけではいけません。
メールというものを通して「仲を深めて仲良くなる」ための手段でないといけません。

それこそがモテるメール術です。

 

つまりメールを通して、女性に悪い感情を動かせてしまってはいけません。
誘いを断る方だってそれなりに気を使ったはずですし、申し訳ないとも思っているかもしれません。
つまり今は貴男とのメールに疲れている状態になっているわけです。

 

 

なので、これ以上マイナスの感情を動かさないためと、
プラスの感情を動かすために・・・
「了解!それじゃ△月△日に・・・・って!予定が入っているっぺかぁ〜。゚(゚´Д`゚)゚。 また今度リベンジしてみるよ☆」
という感じで、疲れた空気を吹き飛ばすような感じでフランクに返しましょう。

 

次に再びデートに誘いたいところですが、

どれくらい期間を開ければいいのか・・・それは定かではありません。

 

大事なのはどれくらい期間をあけるかではなく、
どれくらい仲良くなるかです。
一旦デートのことは忘れて、普段通りのメールに戻し
またメールのテンションが高い時を感じて再び誘うようにしましょう。

 


最強のメール術


2007年の発売より今でも売れ続け、アップデートを繰り返し
1000ページ以上となったメール術マニュアルの決定版!



このページの先頭へ戻る