モテる男の恋愛メールテクニック!心をつかむメールで好きな女性を落としましょう。

しばらく連絡の途切れて疎遠になっていた女性に久しぶりにメールを送るときのメール術

 

半年や、1年などしばらく連絡を取っていなくてすっかり関係が薄くなった女性と
メールをきっかけに関係を再開させたいという時ってありますよね。
でもいざどういうメールを送ればいいかわからないということがあります。

 

やっぱり関係を復活させるにはなにか「きっかけ」が無いことには
その関係は復活しません。

 

というわけで様々な口実を作ってその関係を復活させます。
その主なメールをする口実となるきっかけとなるのは以下。

  • 誕生日などをきかっけにメールを再開する
  • 彼女にしかわからないことを聞くためにメールする
  • 間違いメールをわざと送る

 

 

誕生日などをきかっけにメールを再開する

 

これは純粋に誕生日をめがけてメールを送るものです。
でも、連絡が途切れていたのに
いきなり誕生日にメールを送ったら気持ち悪くないかな?戸惑わないかな?
なんて心配もあるかもしれませんが大丈夫です^^

 

誕生日のメールを貰って嫌な気持ちになるわけがありません。

さらに、誕生日のメールを送った理由もさりげなく付けておくとよいでしょう。

 

誕生日メールの例文
「お誕生日おめでとう!ちょっと夜空を見ていたら誕生日だったことを思い出してね☆」
「お誕生日おめでとう☆ちょうど○さんに似た美人な人がテレビに写っていて思い出してさ♪」
なんて軽い感じで送るといいでしょう。

 

 

彼女にしかわからないことを聞くためにメールする

 

彼女が専門としている仕事や分野のことについて無理やり聞く方法です。
これなら口実もバッチリですよね?
もちろん、別に聞きたいことはなくても無理やり何か探して聞きましょう。

 

このパターンはしばらくメールを続けやすいのでオススメです。

 

 

間違いメールをわざと送る

 

送り先をわざと間違えてメールを送るパターンです。
送り間違えるというかそういう演出ですね。

 

たとえば、
「お疲れ様です。○○です。明日は14時に○○前集合でよろしかったでしょうか?」
という感じのビジネスメールような文章を送ります。

 

すると「もしかして仕事先の人と間違えた?」と来るはずです。
このパターンはさらに仕事もしっかりとやっているという印象もあり

普段チャラめの人だったらいいギャップ効果にもなりますね。

最強のメール術


2007年の発売より今でも売れ続け、アップデートを繰り返し
1000ページ以上となったメール術マニュアルの決定版!



このページの先頭へ戻る